被爆地ヒロシマが被曝を拒否する伊方原発運転差止広島裁判
お問い合わせ

「ふるさと広島を守りたい」ヒロシマの被爆者と広島市民が、伊方原発からの放射能被曝を拒否し、広島地方裁判所に提訴しました

第4回審尋期日 2021年5月13日(木)


1.新規仮処分第4回審尋期日

2020年3月11日、広島地方裁判所に、新規に提訴しました四国電力伊方原発3号機運転差止仮処分提訴(以下「広島新規仮処分」)は、5月13日に第4回審尋期日(一般非公開)を迎えます。
私たち申立人側は、これまで3号機の耐震性が、現実に日本で発生している地震の地震動に照らして見てあまりに過小評価であるという主張を中心にして新規仮処分を闘って参りました。
伊方原発の耐震性は、「基準地震動」という指標で表すことができますが、現在原子力規制委員会が合格とした耐震性はわずかに650ガル。
(「ガル」は加速度の単位で、地震の揺れを示す客観的・科学的指標。)

日本列島は1990年以降、活発な地震活動期に入っているようで、大きな地震が相次いでいます。
たとえば、2011年の東北地方太平洋沖地震で観測された最大地震動は2933ガル、記憶も新しい16年の熊本地震1791ガル今年3月に発生した福島県沖地震は1432ガル。
実際1000ガル程度の揺れは日本列島では珍しくもなんともありません。

これに比べると伊方原発の耐震性「基準地震動650ガル」は、一ケタ違うんじゃないの、と思わせるほどお粗末な耐震性です。

なにも難しい地震学の議論をしなくても、常識レベルで誰にでもわかることです。
こうした誰にでも判断できる訴えで、これまで新規仮処分をたたかって参りました。

2.いよいよ「南海トラフ巨大地震」が登場

第4回審尋期日では、いよいよ「南海トラフ巨大地震」が最大の争点となります。
南海トラフ巨大地震は、「首都直下型地震」とならんで国が最も警戒を要するとしている地震の一つで、その発生確率は今後30年間で70%以上ということですから、発生はほぼ間違いないと覚悟しておかねばなりません。
その地震のエネルギーも、11年の東北地方太平洋沖地震と同等の最大規模「マグニチュード9」が想定されています。

その想定震源域は広大ですが、あろうことか伊方原発はその想定震源域内に立地しています。
常識レベルではもうこれだけで「運転禁止」ですが、四国電力は「南海トラフ巨大地震が伊方原発の直下で発生しても地震動は181ガル」と主張しています。(「181ガル問題」)

第4回審尋期日では、この四国電力の荒唐無稽な主張を、現実の地震動に照らしながら論破する書面を裁判所に提出します。
また私たちは今回期日のスローガンを、「伊方原発敷地直下の、M9南海トラフ巨大地震で地震動が181ガル?!」とし、スローガンに連動した期日案内チラシを作成し拡散しています。

▽御案内チラシ A4版4ページ クリックするとPDFでご覧頂けます


3.記者会見・報告会

当日午後2時から審尋が行われますが、審尋そのものは非公開のため、期日終了後、広島弁護士会館3階大ホールを会場に「記者会見・報告会」(以下「報告会」)を開きます。
報告会では、
  1.本広島仮処分が民事訴訟原発裁判で、全国唯一の仮処分提訴事件になってしまっていること
  2.裁判長が交代したこと
  3.審尋期日などの諸報告
  4.「181ガル問題」に関し、弁護団からの解説や本訴原告団からの解説・訴え

そのほか、質疑・討論など盛りだくさんの内容を予定しています。

4.ZOOM参加の呼びかけ

恒例の「裁判所乗込行進」や記者会見報告会場に直接足を運んで、是非ご参加をと呼びかけたいところですが、新型コロナ第4波拡大の状況ではそう申し上げにくいのが実情です。
そこでみなさまには、「内容が面白いので、是非ZOOMでご参加を」と呼びかけます。

ぜひ、記者会見・報告会にZOOMでご参加ください


▽当日のスケジュール

13時35分  広島地裁南西角交差点集合
13時40分  広島地裁へ乗込行進・審尋出席者送り出し
14時00分  第4回審尋開始
15時00分頃 審尋終了次第、ZOOMにて記者会見・報告会開始
16時30分  終了予定


詳しくはぜひ御案内チラシをご覧下さい。
▽御案内チラシ A4版4ページ クリックするとPDFでご覧頂けます




ページのトップへ戻る