被爆地ヒロシマが被曝を拒否する伊方原発運転差止広島裁判
お問い合わせ

「ふるさと広島を守りたい」ヒロシマの被爆者と広島市民が、伊方原発からの放射能被曝を拒否し、広島地方裁判所に提訴しました

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件


異議審 2018年4月23日第1回審尋期日


2017年12月21日広島高裁提出書面

  

相手方(四国電力)提出書面

保全異議申立書(A4版19頁)

2018年3月5日広島高裁提出書面

  

抗告人 提出書面

答弁書(A4版34頁)

2018年4月23日までに広島高裁に提出された書面

  

抗告人 提出書面

第1補充書(地震動関係)(A4版122頁)
第2補充書(司法審査の在り方)(A4版51頁)
第3補充書(補充書1への反論)(A4版17頁)
第4補充書(三次元地下構造調査)(A4版18頁)
  

相手方(四国電力)提出書面

補充書1(A4版37頁)
補充書2(A4版155頁)
補充書3(A4版43頁)

広島高裁決定後の発表文書

四国電力広島高裁決定異議申立の報に「抗議声明」(抗告人・原告団、事務局名で発表)
四国電力宛「申入書」 抗告人・原告団・応援団一同


2017年12月13日高裁即時抗告審 決定文交付日


決定文(A4版406頁)※当事者目録除く
弁護団作成 決定文用目次(A4版5頁)※決定文を読む際、お役立てください。
決定要旨(A4版6頁)
弁護団声明(A4版2頁)
仮処分抗告人・原告団声明(A4版3頁)

▼御案内チラシ
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/Xday201712.pdf

抗告人 提出書面

広島高裁抗告審で抗告人側提出証拠書類の点数は夥しいが、中で特に高裁裁判体の注目を引いた証拠書面が甲E29号証『「新規制基準の考え方」検討報告書~原子力規制委員会の欺瞞~2017』である。
「新規制基準の考え方」は、有り体にいえば規制委員会が全国各地で行われている「原発裁判」の電力会社提出証拠として策定されたものである。
いわば「公平・中立」の権威を笠に着て「原発裁判」を電力会社に有利となるように作られた規制委の援護射撃である。
『「新規制基準の考え方」検討報告書~原子力規制委員会の欺瞞~2017』は、こうした規制委の姿勢を全面的に事実に基づいて反論したもの。
そのいきさつは、脱原発弁護団全国連絡会のWebサイト下記ページに比較的詳しく説明されている。
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/17-07-24/

広島高裁裁判体が甲E29号証をいかに重く見るかは、決定の中身に深く関わっていると思われるので甲E29号証をあわせ掲載する。

甲E29号証・・・『「新規制基準の考え方」検討報告書~原子力規制委員会の欺瞞~2017』(脱原発弁護団全国連絡会2017年6月1日策定)(PDFファイル、293頁)



2017年10月4日高裁即時抗告審 提出書面

10月4日最終書面提出締切りまでに提出された書面は以下のとおりです。

抗告人 提出書面

【2017.10.3】抗告理由書補充書1 司法審査の判断枠組み(A4版10頁)
【2017.10.3】抗告理由書補充書2 地震動関係(A4版73頁)
【2017.10.3】抗告理由書補充書3 火山関係(A4版15頁)
【2017.10.3】抗告理由書補充書4 重大事故等対策の不備(A4版17頁)
【2017.10.4】抗告理由書補充書5 防災審査の不存在について(A4版14頁)

相手方(四国電力)提出書面

【2017.10.4】補充書(A4版40頁)


2017年9月13日高裁即時抗告審 第2回審尋

第2回審尋期日までに提出された書面は以下のとおりです。

抗告人 提出書面

【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~1ウ(エ)(地震・火山)について~(A4版34頁)
【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~1ウ(エ)後段(工学的分野)について~(A4版11頁)
【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~釈明事項1ウ(オ)cを受けて~(A4版15頁)
【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~釈明事項1について(ウ(エ),同(オ)cを除く)~(A4版24頁)
【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~2について~(A4版6頁)
【2017.8.10】釈明事項に対する回答書~ 釈明事項3 について~(A4版4頁)
【2017.9.10】再度の釈明事項に対する回答書(A4版25頁)

相手方(四国電力)提出書面

【2017.8.10】裁判所の釈明事項に対する釈明書(A4版58頁)
【2017.9.10】再度の釈明事項に対する釈明書(A4版88頁)


当日スケジュール

御案内チラシ(PDF)
12:30 広島弁護士会館3F集合
13:45 広島弁護士会館出発、広島高裁前移動
13:00 広島高裁へ乗り込み行進開始、審尋出席者見送り、広島弁護士会館へ移動
13:15~16:00頃 広島高裁抗告審 第2回審尋
13:30 加藤就一氏 講演会・討論会「伊方原発と米ショアハム原発の違い」
14:40 哲野イサク報告「やはり30km圏自治体同意は再稼働の法的要件」
15:20 休憩
15:30 討論会(質疑応答含む)
16:00 講演会・討論会終了
16:00頃 記者会見・報告会開始(記者会見優先)
17:00 終了


2017年7月12日高裁即時抗告審 第1回審尋

第1回審尋期日までに提出された書面は以下のとおりです。

抗告人 提出書面

瀬木比呂志意見書(※非公開のため骨子のみ掲載)(A4版2頁)
長沢啓行意見書「伊方3号の運転差止仮処分申立を却下した広島地裁決定は司法の責任を回避し,「不作為の瑕疵」を容認するもの」(A4版56頁)
2017年4月24日名古屋高裁金沢支部作成 島崎邦彦氏証人尋問調書
※島崎邦彦氏の証人尋問調書は、現在まだ調書が確定しておりませんので掲載を控えております。確定・高裁提出が済み次第、掲載し、お知らせいたします。
 

相手方(四国電力)提出書面

答弁書(A4版77頁)
抗告理由書(地震動関係)に対する答弁書(A4版134頁)
抗告理由書(火山)に対する答弁書(A4版37頁)
証拠説明書(11)(A4版9頁)
証拠説明書(12)(A4版7頁)
証拠説明書(13)(A4版7頁)

2017年4月13日高裁即時抗告


即時抗告状・抗告理由書等

即時抗告状(A4版79頁)
抗告理由書(地震動関係)(A4版46頁)
抗告理由書(火山)(A4版51頁)
原告団声明(A4版2枚)

当日スケジュール

14:30 広島弁護士会館集合
14:55 広島地裁に向かって乗り込み行進開始
15:00 広島地裁へ抗告状提出
15:30頃 広島弁護士会館2F大会議室にて記者会見・報告会開始
    (記者会見優先)

御案内チラシ(PDF)


2017年3月30日広島地裁仮処分判断日

仮処分命令申立 決定文・要旨

決定書(A4版383頁)
決定要旨(A4版2枚)
原告団声明(A4版2枚)
弁護団声明


当日スケジュール

広島地方裁判所前

御案内チラシ裏面の、「お願い」をご一読ください。
御案内チラシ(PDF)

14:30  広島地裁前集合
     河合弘之弁護士スピーチ
14:50  決定文受取人グループ地裁へ移動開始、参加者は送り出し
     (受取人グループは広島地裁民事執行センターへ移動)
15:00  決定文受取り
15:05頃 旗出し
15:07頃 河合弘之弁護士による報告スピーチ
15:10頃 スピーチ終了、広島弁護士会館へ移動

(弁護団、原告団、申立人によるプレス対応)

記者会見会場(広島弁護士会館 3F大ホール)

12:00 開場
※12時には開場いたします。遠方よりお越しの方などで早めに到着された方は、こちらにお越し下さい。
14:00  広島地裁前移動
15:30頃 広島地裁前終了、広島弁護士会館3Fへ移動

16:00頃 記者会見開始
17:00頃 記者会見終了
17:05頃 報告会開始
17:30  報告会終了



御案内チラシ

御案内チラシ(PDF)
▽クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
ページのトップへ戻る