被爆地ヒロシマが被曝を拒否する伊方原発運転差止広島裁判
お問い合わせ

「ふるさと広島を守りたい」ヒロシマの被爆者と広島市民が、伊方原発からの放射能被曝を拒否し、広島地方裁判所に提訴しました

本訴 口頭弁論進行状況


◆本件担当の裁判官
末永 雅之 裁判長
山本由美子 右陪席
岡村 祐衣 左陪席

2018年

年月日 時系列
2018年8月6日 本訴第12回口頭弁論
2018年6月18日 本訴第11回口頭弁論
2018年3月26日 本訴第10回口頭弁論。第2陣が再併合、第3陣が併合される。
2018年1月31日 本訴第9回口頭弁論。第1陣と第4陣が併合される。第4陣原告、山下徹による意見陳述が行われた。

2017年

年月日 時系列
2017年11月8日 本訴第8回口頭弁論・第4陣提訴
2017年9月13日 本訴第7回口頭弁論。なお同日、広島高裁抗告審第2回審尋が行われた。
2017年7月5日 本訴第6回口頭弁論
2017年4月19日 本訴第5回口頭弁論・第3陣提訴
2017年2月6日 本訴第4回口頭弁論

2016年

年月日 時系列
2016年11月30日 第3回口頭弁論
2016年8月22日 本訴第2回口頭弁論。四国電力から反論の書面提出。
2016年8月3日 広島地裁に第2陣の原告79名が追加提訴。(うち原爆被爆者16名)原告団は第1陣と合わせて145名となる。
2016年6月13日 伊方原発運転差止本件訴訟(本訴)第1回口頭弁論。堀江原告団長による意見陳述が行われる。
2016年3月11日 伊方原発広島裁判原告団、①伊方原発運転差止等請求(本件訴訟)と、 ②伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立(仮処分)の2件を広島地裁に同時提訴。原告団は、この時点で 66 名(うち原爆被爆者18 名)。



本訴進行

ページのトップへ戻る